靴修理でサイズ調整をしよう!

デザインを気に入って購入したのは良いけれど、いざ履いてみたらきつかったり、また、緩かったりするといったように足のサイズに合わないという方はその靴を修理するのが良いでしょう。捨てなくても修理をすることで履けるようになるかもしれません。ここでは、靴のサイズが合わなかった時の調整方法として自分でするのが良いのか、靴修理に出す方が良いのかを踏まえてご紹介します。

自分で調整はできるの?

ヒールを吐くせっかく買った靴のサイズが合わない場合や、もう少しヒールを低くしたいという方や高くしたいというように調整したいという場合もあるでしょう。まず、靴のサイズが大きくて歩きにくいという場合にはインソールを入れて調整するという方法が自分でもできる調整方法として挙げられます。

インソールにはさまざまな種類があり、つま先からかかとまでの全体に入れるインソールやつま先だけのタイプもあります。全体に入れるインソールを使用するとかかとも高くなるので、靴が脱げやすくなってしまうというデメリットがあります。そのため、まずはつま先だけのインストールを試してみるのが良いでしょう。つま先だけのインストールは、靴を脱いだ時にも入れていることが分かりにくいです。つま先だけのインストールを入れても脱げるようであれば、かかとの内側に貼り付けるクッションタイプのパッドを使用するようにしましょう。

一方、サイズがきつい靴を調整する際には横幅を伸ばす必要があります。自力でもできなくないですが、やはり機械でおこなうのとは威力が違うので、靴の修理店に見てもらうのが良いでしょう。革靴は履いているうちに革が伸びてくるとも言われますが、伸びるまで痛くて履けないということもあるでしょう。そのような時には無理して履かず、革を伸ばしてから履くのが良いです。自分で工夫してサイズ調整できる範囲のものもありますが、自力では厳しいものもあるので、その時は靴の修理店に依頼するのがオススメです。

靴修理店でのサイズ調整

靴修理店では、自分ではできない靴のサイズ調整をすることができます。専門の機械やノウハウを生かして調整をおこなうので、自分で調整をするのとは違ったフィット感を得ることができるでしょう。さまざまなサイズ調整がありますが、まず、サイズが小さい靴を履けるようにしたいという場合についてです。靴のサイズを大きくするためには靴の幅を伸ばすことが必要になります。そのため、専用の機械を靴に入れて強制的に大きさを広げていく作業をします。短時間で無理矢理伸ばすと靴の縫い目が裂けてしまう可能性が出てしまうので、1週間ほど時間をかけてゆっくりとおこないます。こうすることで靴にかかるダメージを極力減らしつつ、サイズの調整をすることができるでしょう。

一方、サイズの大きい靴を履けるように小さくしたいという場合は、インナーパッドを入れるという方法があります。インナーパッドは特殊なスポンジでできており、そのスポンジをインストールの下に入れることで靴が脱げないように調整をします。インソールの下にインナーパッドを取り付けることで見た目を変えることなくサイズを小さくすることができるのです。インナーパッドをつま先の位置にだけ乗せることも可能ですが、通常のインナーパッドの入れ方だけでなく、靴修理店だからこそインナーパッドを隠して入れることもできるお店もあるので利用してみましょう。靴修理店に出すことで、自分ではできないやり方でサイズ調整をしてもらうことができます。

また、靴を傷めることなく大きくしてもらうことができたり、自分ではそこまで広げられないという場合でも機械を使うことで調整が可能になるというメリットもあります。大きさを変えること以外にも、ヒールの高さを調整するということも可能です。ヒールが高すぎて歩きにくいという場合にはヒールを切りとり、もう少しヒールを高くしたいというような場合にはヒールの厚みを増やすといった対応までしてもらうことができます。デザインは気に入っているけれどヒールが高すぎて履きにくいと困っている方や、もう少し高さを高くして履きたいという要望にもこたえてもらうことができるでしょう。

サイズの合わない靴は、修理店に出すことで自分の足にできるだけぴったり合うように調整してもらうことが可能です。細かい部分の要望にも対応してもらえます。自分で調整をするとできることに限りがあり、また、仕上がり具合も心配な面もありますが、お店では靴修理のプロがおこなってくれるので安心して任すことができるでしょう。

靴修理をした人の感想

実際に靴修理店に靴を出してサイズ調整してもらった人たちの感想は、やはり、サイズがちょうど良くなったという声が多く挙がっているようです。自力で靴のサイズを大きくするには限度があるので、専門の機械で広げてもらうことで十分なゆとりができるようになります。サイズを小さくしたい場合も自分では市販のインナーパッドを入れて使うしかありませんが、お店ではインナーパッドを入れるだけでなく、インソールの下に取り付けてもらえます。

そのため、靴を脱いでもインナーパッドが入っているかどうか分からず、見た目もそのまま、サイズだけ変えることができるというのも喜ばれるポイントであります。細かな部分の調整も自分でおこなうのはとても難しいですが、お店では要望に沿って可能な限り対応してもらえるので、安心して調整してもらうこともできるでしょう。また、ヒールの高さの調整に関しては、自分では切ったりくっつけたりすることはできないため、お店に頼むことでちょうど良い高さで履けるようになります。お店での修理は専門の知識を持った方が対応しているというのも良いポイントです。お気に入りのデザインの靴が履けるようになったという声もたくさんあり、靴修理店に出したからこその結果を得ることができて満足しているという方がたくさんいるようです。

靴のサイズ調整は靴修理のプロに頼もう

サイズが大きすぎる靴を小さくしたり、小さすぎる靴の幅を大きくしたい場合、インナーパッドを入れたり、自分で伸ばしたりなどできる調整はあります。しかし、靴修理店に出す方が精度が高く仕上がるでしょう。また、ヒールの高さを変えることはお店でないとできません。靴のサイズ調整をしたい方はぜひ、靴修理店に依頼してみて下さい。

〔参照HP〕靴修理専門 – 靴専科