靴修理サービスについて

靴修理のサービスではソール修理以外にもインソールストラップファスナーなどについても修理してくれることが多く、更に靴磨き脱臭クリーニングなども可能など、まさに靴に関するお悩みならば何でも解決してくれるなんでも屋さんです。ソールの修理と一緒に靴磨きもしてもらって、新品の頃にあった輝きを取り戻してみてはいかがでしょうか。

修理にかかる費用は靴の状態と必要な処置、使用する素材などによってさまざまで、更に利用する業者によっても料金が異なります。安く修理してくれる業者さんでも、雑な仕事をされてしまうケースも考えられますので注意が必要です。おおよその費用相場は、1500円から7000円前後で、1万円を超えるようなケースはほとんどありません。

もしも価格が不満ならば、2つか3つの業者に見積もりを出してもらうという方法も有効です。レザーソールの修理となると靴底全体を直さなければならず、費用も嵩んでしまいがちですのである程度覚悟しておく必要があります。予約や見積もり方法はお店へ直接出向いて相談する方法や、電話での予約、またはインターネット上から予約する方法もあります。靴屋さんでも修理してもらえることがありますので、まず手始めに近場のお店にて相談してみることをおすすめします。

ソールの耐久度

ソールにはいくつか種類があり、使用されている素材や形状によって耐久度や滑りやすさ、履き心地などの特徴が異なります。耐久性が高い、低い、そこそこの耐久度という3つに分類すると次のようになります。

まずは耐久性の高いソールには合成ゴムソールラバーソールラグソールが挙げられます。これらに共通していることは、使用されている素材が合成ゴムであるということで、少しの衝撃ならばダメージも受けにくく、長く使用できる点が利点です。

次に耐久性がそこそこ高いソールに移りますと、こちらにはクレープソールが含まれます。クレープソールとはラテックスという木から取れる天然ゴムが使用されているソールを指し、合成ゴムに欠けているクッション性が魅力です。しかし熱に弱いというデメリットもあり、夏場の暑いアスファルトの上を歩いているとどんどん擦り減ってしまうため一長一短といったところでしょうか。

耐久度が低いソールにはレザーソールスポンジソールが含まれます。レザーソールはよく革靴に使用されているソールで、履き心地が良く粋なデザインがおしゃれという魅力がありますが、摩耗が激しく、長く履き続きたいのならば定期的にメンテナンスや修理が必要です。

靴修理できれいな靴に

「もったいない」という言葉や理念は、資源が乏しい日本だからこそ定着した文化であり、海外では同様の意味を持つ言葉が無いという話は有名です。物を修理するというサービスは、日本人なら誰もが持つもったいない精神によって成り立っていると言っても過言ではありません。

車や代物家電などの大型の機械から始まり、靴やバッグ、古着といった小物類に至るまで修理サービスが充実しているのは、日本独自のもったいない文化に起因しているのです。

靴は、私達身の回りの中でも特に消耗の激しい物です。普通に歩いているだけでも靴底は擦り減ってしまうものですし、左右の靴同士が当たってしまうだけでも革に傷が付いてしまうなど、使っている内に少しずつ見栄えも悪くなってしまいます。ある程度履き続けたらもう捨ててしまう、という判断を下す方も多いかもしれません。ですが、少しだけ待っていただきたいです。捨てようとしているその靴も、修理をしたらまだまだ現役で活躍できるでしょう。

靴修理の利点は、なんと言っても履き慣れた靴をそのまま使い続けられる点にあります。また、新品の靴を購入するよりも修理費が安いという点もメリットです。思い出の靴だからこそ長く履き続けたい、高い靴だったから捨ててしまうのはもったいない、そんな方はぜひ靴の修理サービスを利用してみることをおすすめします。当サイトでは靴修理サービスの概要とソールの耐久度についてご紹介していきます。